サラ金と消費者金融の違いはあるのか

キャッシングの利用となった際にパッと思い浮かぶのは消費者金融ですが、同じ程度に思いつくものとしてサラ金があります。早くに手軽に借りられる借り入れ先として消費者金融とサラ金はイメージされますが、そもそも消費者金融とサラ金には違いはありません。

 

もともとの言葉の由来を見てみれば分かることで、消費者金融は一昔前はサラリーマン金融、略してサラ金と呼ばれており、言葉の響きからどこか怖いイメージがあったものです。グレーゾーン金利などの高い利率や厳しい取り立てを行っていた時代の話となるので仕方ないのですが、今ではそういったこともなくなっているので安心です。

 

当時のイメージからサラ金=怖いとされてしまっていたため、より安心して借りられるようにと広まったのが、消費者金融の呼び名です。最近ではさらに印象を良くしようとカードローンサービスとされている場合も多く、意味だけを見ればサラ金だから怖い、消費者金融と何かが違うといったことはありません。

 

しかし、今では若干ながら意味が変わってきており、サラ金は中堅の消費者金融に対しての呼び名となりつつあります。大手のアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融ではない中堅どころはサラ金と呼ばれる場合もあるため、呼び名による根本の違いはありませんが、借り入れ先の規模という面で見ればサラ金と消費者金融には違いがあると言えるでしょう。